品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

遺産分割協議とは

遺産分割協議で相続人全員の合意があれば
法定相続分どおりにわけなくとも
構いません。

相続人同士で、亡くなった方(被相続人)の資産や負債について誰がどのように相続するか決めるための話し合いを、
遺産分割協議と言います。

民法では法定相続分が規定されており、各相続人の権利が相続財産全体に対して何分の1であるか決まっています。

しかし、預貯金のように法定相続分どおりに分けやすい資産もあれば、土地や自動車のように、単純に分けることが容易ではない資産もあります。

その為、土地はAさんが、預貯金はBさんが、というように実際にどの財産を誰が取得するかを遺産分割協議によって決めます。

また、必ずしも法定相続分に従わなければならないわけではありません。

遺産分割協議が成立するのであれば、そもそも法定相続分に従った分配をする必要もありません。

例えば、誰か一人が全部の資産を相続しても良いですし、全く資産を相続しない人がいても、合意が成立するのであれば一向に問題ありません。

遺産分割協議は相続人全員の合意が必要

全員の合意がなければ
遺産分割協議は成立しません。

遺産分割協議は、その内容の全てについて相続人全員が合意しないと成立しません。

誰か一人でも分割の内容に反対している人がいれば、話し合いは決着しないのです。

その為、相続人がたくさんいる場合は、とても大変な作業になります。

協議成立後は遺産分割協議書を作成する。

遺産分割協議書を作成して
全員の記名押印を施します。

相続人全員が合意し遺産分割協議が成立した場合は、最後に遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書の記載方法に明確なルールはあまりありませんが、役所や金融機関に提出する際には、相続人全員の記名と実印での押印の他、次のような内容がきちんと書いていないと受け付けてくれないこともあるためご注意ください。

  • 被相続人の氏名、住所、本籍、死亡日
  • 土地の所在、地番、地目、地積
  • 建物の所在、家屋番号、種類、構造、床面積
  • 金融機関の会社名、支店名、口座番号等
  • 誰がどの財産を相続するか
  • 遺産分割協議が成立した日
《遺産分割協議書の一例》

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。