品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

未成年者の遺産分割について

ここでは、20歳未満の未成年者による遺産分割協議の方法をご説明致します。

未成年者は遺産分割協議に参加できない!

未成年者は単独で遺産分割協議に参加できません。

遺産分割協議についは、未成年者、つまり20歳に満たない人はたとえどれだけ賢くても直接話し合いに参加出来ません。

なぜかというと、法律上未成年者は親の保護に有る状態で相続のような難しい話し合いを、大人たちと対等に渉り合って交渉できないだろうと考えられているからです。

もちろん、とても頭の良いしっかりした未成年もいるでしょうがそれを一人一人判断する事は難しいでしょう。

もし相続人に未成年者がいる場合はその法定相続人、つまり両親が代理人となって遺産分割協議に参加する事になります。

基本的に両親共に参加しますが、離婚していたり、もともとシングルマザーの子だったりと片親しかいない場合はその親一人だけで大丈夫です。

両親も、子供と同様に相続人である場合は注意!
利益相反とは?

利益相反の場合は
親権者が代理する事は出来ません。

さて、ここで問題が想定されます。

例えば、次のような場合です。

「夫が死亡し、相続人が

  1. 未成年の子供1人

    の2人である場合」

上記のような場合、一体何が問題かと言うと、もし未成年の子供の代わりに妻が遺産分割協議に参加するとなると、その妻自身も相続人の一人である為、自分同士で話し合うという事になってしまいます。

そうなると、妻が子供の利益を無視して自分のいいように遺産分割協議をまとめる事が出来てしまいます。

もちろん、ほとんどの親御さんは子供の将来の為を思って手続をすることと思いますが、中にはそうでない方もいらっしゃるでしょう。

このように、代理をする事で目的が相反してしまう状況の事を利益相反といいます。

民法の定めでは、このように利益相反になっている場合について法定代理人が遺産分割協議に参加することを禁止しています。

未成年者が2人以上いる場合の注意点

親が相続人ではなくとも、
子供が二人以上いると
利息相反になるケースもあります。

親と子供が利益相反ではない場合も、注意が必要なケースがあります。

例えば、未成年者が二人以上いて、それぞれの両親が同じ人である場合です。

この場合、もし両親が法定代理人として両方の子供の代わりに遺産分割協議を行ってしまうと、どちらか一方の子供にえこ贔屓をしてしまう事が出来ます。

このような場合も利益相反に該当するため、法定代理人が代わりに行うことができません。

利益相反の場合は、特別代理人の選任申立を行う

利益相反になるときは
裁判所に対して特別代理人の
選任申立てを行います。

では利益相反になった場合、一体誰が未成年者の代わりに遺産分割協議に参加する事になるのでしょうか。

このような場合は裁判所に対して、遺産分割協議だけを代理して行う為の

「特別代理人」

という立場の方を選任してもらう事になります。

特別代理人を誰にするかは、まず申し立てる当事者が裁判所に対して候補者として名前を挙げ、それが裁判所に認められればその方が代わりに遺産分割協議に参加します。

ただ、気をつけなければならないのは、特別代理人はあくまで未成年者本人の味方だということです。申立を行ったのが別の方であっても、決してその人の言いなりになって遺産分割協議を進めていくわけではありません。

未成年者自身に不利益になるような遺産分割は行わないので、その点十分理解をしてから手続きに臨む必要があります。

 

 

関連ページ 【さらに詳しいご説明】

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら