品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

銀行預金の相続手続きを頼みたい!

相続の中でも、やっかいな手続が銀行信用金庫株式など、いわゆる預金や証券の手続です。

銀行へ行って、「私が相続人です」と申告すればすぐにお金が払いだされたり、名義が変更できるという訳では、決してありません。

これらの手続は、それぞれの金融機関によって必要な書式書類が決まっており、一定の戸籍遺言書遺産分割協議書などをそろえて、なおかつ必要な相続人の印鑑証明書などを揃えなければ金融機関は相続手続に応じてくれません。

そうすると、亡くなった方の預金口座はそのまま凍結状態が続き、いつまでたっても相続するはずのお金が返ってこない事になってしまいます。

行や証券会社の相続手続が大変な理由

  • 平日に、しかも15時までに窓口に行く必要がある。
  • たくさんの戸籍印鑑証明書を、不備なくそろえる必要がある。
  • 不備があれば、何度も窓口へ行かなければならない。
  • 遺産分割協議書を要求される事がある。

   ・・・その他

 

 

そこで・・・

 

当事務所では、

銀行の預貯金や証券会社の株式などの手続を、

全て代行するサービスを提供しています!

銀行、株式などまとめておまかせ

司法書士が
書類の作成や
手続きの代行を行います。

相続おまかせプラン 
198,000(税別)

司法書士が、あなたの相続手続きを最後まで寄り添って一括サポート致します。
当事務所で一番ご利用いただいているサービスです。

銀行の相続手続は自分でやると、こんなにも大変!

実は預金相続手続は、多くの方が考えているよりもずっと大変な作業です。

新規の口座開設や自分の預金の引き出しをする場合のように、単に窓口へ行って受付の担当者に伝えるだけで手続が出来るようなものでは、ないのです。

銀行側からすれば、もしお客様の大事な預金を何の権利もない人に渡してしまったとなれば一大事です。その為、銀行としても亡くなった方の相続人が誰なのか、またその中で預金を相続するのは誰なのかを
様々な証拠からはっきりと確認しない限り、お金を渡す事は出来ないのです。

では、一体どのような書類が必要なのでしょうか。相続の形態によって様々ですが、概ね次のような作業が必要になります。

自分で銀行の相続手続きをする際に行わなければならない作業

  • 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍をすべて集める
  • 代襲相続数次相続がある場合、それらに関する方の出生から死亡までの戸籍を集める
  • 相続人の戸籍を集める
  • 相続人全員で遺産分割方法の話会いをする
  • 遺言書が残っている場合検認手続きをする
  • 遺産分割協議書を作成する
  • 相続人全員の印鑑証明書を集める
  • 銀行所定の用紙に、必要事項を記入し全員の押印をする
  • 平日の15時までに、窓口へ行く(場合によっては何回も)

忙しくて平日になかなか休みが取れない方相続関係が複雑で知識が追いついて行けない方などが、これらの手続きを自分で行うのはとても大変です。

銀行の窓口に行けば、窓口に担当者が全て丁寧に教えてくれるとは限りません。

相続人がたくさんいて何代にも渡るような相続手続きを、法律的に完全に理解できる事務員さんというのはなかなかいないので、担当によっては言うことが違ったり違う部署にまわされてとても時間がかかることもあります。

もちろん、戸籍や相続関係の状況によっては、以外にすんなりと進むこともありますが、多くの方が

「思ったよりもずっと大変だった。初めから誰かに任せておけば良かった」

という感想をお持ちになるようです。

当事務所の紹介

銀行、株式、不動産などをまとめて「おまかせ」頂くプランです。当事務所で最もご利用頂いています。

不動産の名義変更だけ頼みたい場合は、こちらをご利用ください。

当事務所でお手伝いした事例を紹介いたします。

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら