品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

遺産分割の方法

遺産分割は
ご家族の話合いが大事です。

亡くなった方の財産は、法定相続人が引き継ぐのが原則です。また、それぞれの法定相続人には、相続分が法律で定められています。

ただ、必ずしもその法律どうりにわけなければいけないわけではありません。

ここでは、遺産の分割を相続人で行うためにどのような事が必要なのかをご説明致します。

遺産分割は、相続人同士で自由に決めて良い

それぞれの家庭によって
遺産分割の方法は様々です。

基本的な考えとして、誰がどの財産を相続するかという事は相続人が自由に決めることができます。

法律で相続分が定められてはいますが、当事者同士が全員納得しているのであれば、一人で全部の財産を相続する事もできます。

ただし、話し合いが一向につかない場合で、最終的に裁判所が決めるような事になると、法定相続分にそって遺産分割が決められる事になります。

遺産分割協議とは

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

上記のとおり、法定相続分どおりではなく、相続人間の話合いによって分割方法を決める事が多いのですが、その話し合いの事を「遺産分割協議」といいます。

原則としては、相続人が全員一同に集まって、誰がどの財産を相続するかを決定します。ただし、色々と例外があるため、かならず全員が集まらなければいけないというわけではありません。

 

話し合いが成立したら、遺産分割協議書を作成する

分割協議の内容は書面に残します。

遺産分割の話し合い(遺産分割協議)が終わったら、最後にその内容を書面に残します。

その書面を遺産分割協議書といいます。

亡くなった者の表示をして、誰がどの財産を取得するかを記し、最後に署名押印をします。

押印は市区町村に登録されている印鑑、いわゆる「実印」で行います。またそれが実印である事を証明する印鑑証明書を添付するのが一般的です。

関連ページ 【さらに詳しいご説明】

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら