品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

遺言書をオススメするケース

次のような方は、遺言書を作成することを強くオススメします。

《遺言書を書いた方が良い場合》

  • 子供がいない
  • 相続人がたくさんいる
  • 相続人が行方不明
  • 親族以外の人に財産をあげたい 
  • 遺産相続でもめて欲しくない
  • 離婚した相手との間に子供がいる
  • 現金、預金以外の財産が多い(不動産など) 
  • 財産をあげたくない人がいる
  • 財産はどこかに寄付したい
  • などなど

遺言書を作成するメリット

遺言書を作成すると、次のようなメリットがあります。

死後の手続きについて、家族の負担が減る

一般的に、相続手続きというものは非常に手間がかかります。

相続人全員の印鑑証明書を用意したり、たくさんの戸籍を取得したりする事も必要です。

しかし、もし遺言書を残しておくと、それらの手続きを大幅に減らすことができます。

相続人の負担を減らすことが出来るという点に置いて、メリットがあります。

また、相続人のなかに行方不明者がいたり、絶対に揉めそうな人がいる場合、もし遺言書がなければ、遺産分割が相当に苦労しますが、遺言書があれば全く問題なく進める事が出来るのです。

誰にでも財産を譲る事ができる

縁者や従兄弟、甥、姪など、相続人以外の方にも財産を渡す事ができます。 

もちろん、親族ではない人でも問題ありません。

遺産分割協議をやらずに済む

上で述べた事と重複しますが、遺言書を作成しておくと、本来であれば相続人全員が同意しなければならない遺産分割協議をする事なしに、財産の承継ができるというメリットがあります。

例えば、不仲である相続人や行方不明の相続人がいた場合、それだけで遺産分割協議は暗礁に乗り上げてしまいます。

もし遺言書が残っていれば、その遺産分割協議をせずに財産を移すことが出来るため、大変効果的です。

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら