品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

住宅ローンについて

ここでは、住宅ローンを組んでいた方がなくなった場合についてご説明致します。

生命保険の適用

多くの住宅ローンは
生命保険に加入しています。

もし故人に関して住宅ローンが残っている場合は、まず最初に確認しなければならないのが団体信用生命保険(いわゆる団信の適用を受ける事が出来るかどうかです。

団信とは、簡単に言えば債務者(住宅ローンの借主)が亡くなったときに、残った住宅ローンを全て返済してくれる保険のことです。

亡くなった方の借金は相続放棄をしない限り相続人に支払う義務が生じますが、団信の適用を受ける事が出来れば住宅ローンは完済状態となるためその後のローン支払いを気にしなくても良くなります。

団信の加入手続きは住宅ローンを組む時に行いますが、家を購入して様々な手続きをする中に紛れて書類に署名押印する事が多いため、はっきりと記憶している方は少ないです。

実際に書類の説明を受けて押印した方も、しばらくするうちに存在すら忘れてしまう事も致し方ありませんので、記憶だけで判断せず、まずは金融機関に確認するべきでしょう。

大抵は団信に加入することがそもそも住宅ローン融資を受ける為の絶対条件である事が多いので、加入した記憶がなくとも絶対に確認しましょう。

なお、団信に入っていたとしても、ケースによっては保険の適用外になる場合もある為、注意が必要です。

抵当権、根抵当権の抹消登記

住宅ローンを返し終わったら
抵当権抹消登記をします。

もし団信の適用を受けて住宅ローンが完済状態となった場合は、住宅についていた銀行等の担保(抵当権、根抵当権など)を抹消する手続きを行います。

通常は金融機関から郵送や窓口手渡しでもらいます。この手続きは司法書士が代行して行うことが多いです。

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら