品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

相続放棄した後に支払いをしてしまった場合お金を取り戻せるか

相続放棄をした相続人は、被相続人が払うべきだった支払いの一切を免れます。

したがって、税金も家賃も借金も全て関係なくなります。

ただし相続放棄した事を相手方に伝えなければ請求を受け続ける事もあります。

もちろん払わなくて良いはずなのですがついつい怖くなって払い続けてしまったりこれは払わなくてはいけないのではないかと誤解して送金してしまったりする方が意外と多くいらっしゃいます。

この場合はどのような取り扱いになるでしょうか。

相続放棄の効果に影響があるか

被相続人の相続財産を処分すると、単純承認したものとされ相続放棄できなくなってしまいます。

もし、亡くなった方の預貯金などから支払ってしまったのであれば処分に該当する事になりますので相続放棄手続きを完了した後であってもその効果は消えてしまい単純承認したものとみなされてしまう可能性が高いです。

ただし、相続放棄をした人自身が元々持っていた財産から支払った場合は相続財産の処分や隠匿ではないので、前に行った相続放棄手続きの効力には影響なしということになります。

払ってしまったお金を取り戻せるか

もし相続放棄の効果に影響がない場合は結果的に、払わなくても良いものを自分で勝手に払ってしまったという事になります。

このお金は、法律上返してもらう事が出来るのでしょうか。

民法の規定では、払わなくて良いものを、自分で分かっていながら払った場合は返還請求が出来ない事になっています。

これを非債弁済といいます。

もし相手方に返還を促したとしても、相手方がこの非債弁済の主張をし、それが通ってしまうと返還請求出来ない事になります。

なお、税金については非債弁済の主張はされず、お金が戻ってくるようです。

なお、当事務所では、相続放棄後に本人の誤解により支払い続けてしまった方の依頼を受けて実際に取り戻したケースが多々あります。

相手方次第の部分がある為、まずは請求してみることをおすすめします。

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら