品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434
ケース別 具体的な相続税の計算事例

ケース③

預金7000万円

相続人3名 妻Cさん 長女Dさん 次女Eさん

妻Cさんが全ての預金を相続するケース

注目ポイント

このケースででは相続税の配偶者控除を利用ができます。

まずは制度を利用しない場合の計算をした上で、最終的にこの控除を考慮に入れた説明をします。

(1)基礎控除の計算

まずは基礎控除額を計算します。相続税の基礎控除額は3000万円+(600万×法定相続人の数)によって計算できます。

 本ケースの基礎控除額は、

   3,000万円 +(600万 × 3(名) )= 4,800万円

 となります。

ケース1ケース2と比べて相続人の数が増えたため基礎控除額も600万加算となりました。

(2)課税される遺産総額の計算

相続財産の合計額から基礎控除額を引くと課税される遺産の総額が求めることができます。

 今回のケースでの課税遺産総額は、

  7,000万円 - 4,800万円 = 2,200万 

 と計算ができ、2,200万円が課税遺産総額となります。

 

(3)相続税の総額

  つぎに(2)で計算した課税遺産総額をそれぞれ法定相続分のとおりに分けた場合のそれぞれの取得額を計算します。

本ケースの場合は、法定相続分は妻Cさんが1/2、長女Dさんが1/4、次女Eが1/4となります。

 妻Cさんの取得分

2,200万(課税遺産総額) × 1/2(法定相続分) = 1,100万 

長女Dさんの取得分

2,200万(課税遺産総額) × 1/4(法定相続分) = 550万 

次女Eさんの取得分

2,200万(課税遺産総額) × 1/4(法定相続分) = 550万 

 

と、今回のケースでは法定相続分に従って分けると妻Cさんは1,100万円、長女Dさんは550万円、次女Eさんは550万円がそれぞれの課税される取得額となります。

 

 

② 妻Cさんの相続税額

1,100万 × 15%(税率)-50万円(控除額) = 115万 

長女Dさんの相続税額

550万   × 10%(税率) - 0円(控除額) = 55万 

次女Eさんの相続税額

550万   × 10%(税率) - 0円(控除額) = 55万 

 

 

③ 最後に②で計算したそれぞれの相続税額を合計すると相続税の総額がわかります。

115万 + 55万 + 55万 = 225万円

 

よって、基本的な相続税の総額は225万円と判明しました。

ここから、各相続人の取得額に応じてこの総額を振り分けて行くことになるのですが・・・・

 

実際の相続割合による各相続税額

(3)で計算した相続税の総額に実際に取得する割合を掛けると、各相続人が負担する相続税が計算できます。

妻Cさん  225万 × (7000万/7000万) = 225万円

長女Dさん 225万 × (  0  /7000万) =    0円

次女Eさん 225万 × (  0  /7000万) =    0円

ということで、基本的な考えとしては、すべての財産を取得する妻Cさんが、相続税の総額275万円をすべて支払うことになりそうですが・・・

 

ここで、活用できるのが相続税の配偶者控除です。

 

配偶者控除を利用して、Cさんの総増税は0円になる

相続税の配偶者控除とは、配偶者が相続した分に限って1億6000万円まで課税遺産総額を控除できる、とても節税効果の大きい制度です。

今回妻Cさんが相続した遺産は7000万円なので、その全額に対してこの控除が利用できます。

 

結果として、妻Cさんが相続する遺産は0円とみなされ

225万円 × (  0 /7000万) = 0円

上記の式のとおり、なんと相続税の支払いは0円、一切なくなる結果となりました。

結果

妻Cさんの相続税  0円

長女Dさんの相続税 0円

次女Eさんの相続税 0  

合計0円

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。