品川区、大田区、その他東京、神奈川全域対応可能。相続相談はおまかせ下さい。

相続に関する身近な町の法律家

品川大田相続相談センター

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号
市民の森司法書士事務所

土曜・日曜・祝日・夜間も対応可能です。

アクセス: 五反田駅より徒歩2分

お気軽にお問合せください

03-6421-7434

親等とは(1親等、2親等など)

相続について調べていると、1親等、2親等などという表現が出てきます。

「親等(しんとう)」というのは、ある人からみた親族関係の近さを表した数字のことです。

親等の数字が小さいほど、より近い親族関係となります。

 

この「親等」という表現ですが、実は色々なところで使われています。

例えば、成年後見制度を申し立てる場合には本人から見て4親等内の親族に限られていいます。

4親等の代表例は「いとこ」です。それ以上離れている場合、例えば「いとこの子供」とか「はとこ」などは申し立てする権限がありません。

親、子供は1親等 祖父母、孫は2親等の直系血族

まず一番近い親族として親が1親等の血族となります。

親の親、つまり祖父母は2親等の血族です。

同様に、子供は1親等の血族です。

そして子供の子供である孫は2親等となります。

その後はひ孫、玄孫と世代が下がっていくごとに、3親等、4親等と離れて行くことになります。

 

なお、親、祖父母、子、孫など血縁関係のある縦の繋がりの親族を直系血族と言います。

兄弟姉妹は2親等の、甥や姪は3親等の傍系血族

兄弟姉妹や叔父叔母、甥姪など、家系図的に横の位置にくる血族を「傍系血族」という言い方で表現します。

一番近い傍系血族は、親を同じくした兄弟姉妹です。1親等の親から、さらに1親等離れているので2親等の血族ということになります。

また、兄弟姉妹の子である甥、姪は、2親等よりひとつ離れた3親等の傍系血族です。

さらにその子供は4親等ということになります。

叔父、叔母は3親等の、いとこは4親等の傍系血族

親の兄弟である叔父、叔母は3親等の血族です。

またその子供であるいとこは4親等の血族となります。

同様に、さらにその子供は5親等ということになります。

配偶者の親族について(姻族)

もし本人が結婚して配偶者ができた場合、その配偶者の親や兄弟などは「姻族」と呼ばれます。

もともと血のつながりのあった「血族」と区別したものです。

親等の数え方は血族と全く同じで、親は1親等、兄弟姉妹は2親等となり、それぞれ1親等の姻族、2親等の姻族などと表現します。

いわゆる義父とか義兄弟などという立場の方が、姻族という言い方をされています。

なお、配偶者自身は親等という考え方をしません。1親等よりも近いという考え方となり、言うなれば0親等ということになります。

「親族」とは

親族とは、実は民法上できちんと定義づけされています。

民法725条では親族とは6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族であると定められています。

よって、上記よりも親等が離れた方は、どれだけ懇意に付き合いがあっても法律上は親族でありません。

例えば配偶者のいとこは4親等の姻族なので「親族」にはあたりませんが、案外親しく付き合いがあったりするものです。このような場合は「親族」ではなく単に「親戚」と表現すると、間違いではなくなります。

 

当事務所のお手伝い

オススメのプランです。

不動産、銀行、株など、あらゆる相続のお手続きを当事務所が代行いたします。

遺産分割協議書の作成から財産の名義変更など、おまかせください。

一番多く、お申し込みがある
お手伝い内容になります。

不動産の名義変更のみ

相続する財産は、ご自宅だけ、という方にオススメのプランです。

マンションでも、一戸建てでも、おまかせください。

負債の方が多い場合

残された財産よりも借金の方が多い場合は、家庭裁判所に相続放棄の申請をすれば相続人が夫妻を引きつがなくても良くなります。
当事務所で、アドバイスや申請書類の作成、必要書類の取得、を代行します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6421-7434

ごあいさつ

司法書士 小泉健太郎

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

住所

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-9-7
ドルミ五反田アンメゾン1006号

五反田駅
都営浅草線 徒歩1分
JR線   徒歩2分
東急池上線 徒歩5分

お気軽にご相談ください。